ニキビ跡が残らないように綺麗に早く治すには皮膚科へ

ニキビ跡が残らないように綺麗に早く治すには皮膚科へ

ニキビが出来やすいか出来にくいかというのは、元の体質によるところがかなり大きいですよね。
常にどこかしらにニキビがあるというくらいできやすい人もいればできたことがないといった人もいると思います。

 

ニキビは皮膚の病気なので、跡を残らないように綺麗に早く治すには皮膚科に行くのが一番です。
でもとても小さなニキビ1つだったり、忙しくすぐには病院に行けないときもあると思います。
今回はそういったときのニキビを綺麗に直すための応急処置的な対処法を紹介します。
まず、当然ですがニキビが出来たら気になっても触らないでください。

 

ニキビは毛穴にばい菌が入って炎症を起こしている状態です。
ばい菌がはいるということは、そこには皮脂もたまっているのですが、それを汚い手で触ると余計ばい菌や汚れが付着して炎症がひどくなってしまいます。
そうすると治るどころか悪化したり、跡になってしまう可能性も高くなってしまいます。

 

なので、触らずにニキビを清潔に保つことを心がけてください。
清潔に保つには、朝夕の洗顔をきちんと行うことが大切です。

 

洗顔に関しては、殺菌作用がある洗顔料を使うのがいいのですが、同じニキビができた状態でももとの肌質はそれぞれ違うと思うので、肌質に合った洗顔方法で行ってください。

 

また、ニキビ部分には皮脂が溜まっているので保湿はいらないと思うかもしれませんが、化粧水などで保湿は行ってください。
乾燥すると、肌が乾燥していると思って余計な皮脂をたくさん出してしまうので、肌を乾燥しないようにすることも大切です。

 

その際グリチルリチン酸やサリチル酸、ビタミンCなどニキビに対して効果がある成分の化粧水を使うといいです。

 

また、炎症による色素沈着を防ぐビタミンCや、肌の新陳代謝をよくするビタミンB郡を摂ることも、ニキビの跡を残さずに早く治すには効果的です。

 

 

応急処置としてはこのようなことを気をつけると良いです。
ただニキビはあまりにも化膿してしまっていたり、痛みが強いもの、大量に出来てしまったものに関しては、皮膚科で専門の治療を受けるべきです。